元気が出る家づくり 〜バックナンバー〜 | 株式会社 七福建設
サイトマップ
七福建設トップページへ
   
七福建設トップページ

スタッフブログ
新人建築士の奮闘日記


七福建設も参加しています
チャレンジ25%
〜チャレンジ25%とは?〜
深刻な問題となっている地球温暖化。この解決のために世界が協力して作った京都議定書が平成17年2月16日に発効しました。
世界に約束した日本の目標は、温室効果ガス排出量6%の削減。そしてさらに2020年までに1990年比で25%削減する。これを実現するためのキャンペーン、それがチャレンジ25%です。
元気が出る家づくり
 
 
 
母に感謝!
2016年5月

こんにちは!さわやかな新緑の季節です。ゴールデンウィークには旅行などを予定している人も多いことでしょう。私はと言えば、ゴールデンウィークを経験したことが無いので、5月といえば「こどもの日」や「母の日」など、家族にちなんだイベントが思い浮かびます。

5月の第2日曜日は、母の日。日頃、お世話になっているお母さんに感謝の気持ちを伝える日です。日本はアメリカから、母の日の習慣が伝わって第2日曜日ですが、国によっては第1日曜日、5月最終の日曜日と様々です。共通しているのは日曜日、家のお手伝いをしてお母さんにゆっくりしてもらえたり、家族のみんなが集まりやすかったりするからでしょうか。

日本の母の日の始まりは昭和12年森永製菓が第1回「森永・母の日大会」を開催してからです。遊園地に母と子を無料招待し、乗り物に乗ったり、お菓子を食べたりと親子で楽しく過ごすイベントを開催しました。それからどんどん定着し、今に至ります。

プレゼントといえば日本では母の日にカーネーションを贈ることが少なくありませんが、これはアメリカに住む少女が苦労して育ててくれた亡き母にカーネーションを捧げたことが由来になったといわれています。ちなみに、カーネーションの花言葉は「清らかな愛」であり、中でも赤色は「母の愛情」を意味しています。たった一輪の花であっても、その意味や由来を知れば、思いはさらに深まるはずです。たった一輪の花であっても、その意味や由来を知れば、思いはさらに深まるはずです。

最近はプレゼントも多様化していますが、感謝の気持ちを込めて、大切な人にカーネーションの花を贈るのが定番、スイーツや身につける小物なども人気。
最近のプレゼントランキングでは困ったプレゼントに砂や虫がランクイン。きっと小さなお子さんが自分の宝物をプレゼントしたのでしょう。困りながらも嬉しいお母さんの顔が浮かんできますね。
母親孝行しないといけないな…と、反省する村岡でした。
 
▼読みにくい場合は画像をクリックして下さい。3ヶ所に分けて拡大してご覧になれます。


≪ 戻 る ≫


七福建設スタッフ
お気軽にご相談下さい

お問い合わせ 無料お見積もり

お客様専用フリーダイヤル


Copyright (c) Shichifuku Kensetsu Corporation. All Rights Reserved.